ホーム>ロイヤルブライダル 婚活サポートブログ>2014年3月

2014年3月

奈良市♫ローランド音楽教室【ませホーム教室】《コンビネーション・レッスン》で、リトミック~コンクール出場者の育成・大学生関連学部サポート・講師養成指導・・・ 

 

 

 

 

 

 

2014325123821.JPG

ローランド音楽教室 【ませホー厶教室】note

 

お子様に合った方法で一緒に可能性を見つけましょうshine

年間42回,1回30分のお月謝価格で、《コンビネーション・レッスン》により 可能性を引き出しますshine

週、何回来てもOKsign03

1回30分以上でも大丈夫shine

曜日・時間を決めてもOKsign03

行ける時にメール予約してでも大丈夫heart04

 

 

ウェルカムサンクスキャンペーン2014present

~5/31(土)お申し込み分対象

ご入会プレゼントキャンペーン中sign03

ご紹介者様にも同じプレゼントheart04

 

《コンビネーション・レッスン》とは

ピアノとオルガン、両方の魅力に触れることで、生徒さんの音楽に対する視野を広げることが出来るshine

ピアノとオルガンの両方をバランスよく学び、両方の魅力に触れることで、音楽の力を様々な角度から高めることをめざしますshine

リズム感やハーモニーの感覚を養うためにオルガンに挑戦したり、クラシックの名曲をピアノとオルガン両方で演奏して楽曲の理解を深めるなど、鍵盤演奏の総合力を身に付け、ピアノ / オルガン ミュージックフェスティバル出場に向けて曲の完成度を上げるため、幅広い音楽力を身につける指導法をしておりますshine

 

アンサンブルレッスン

仲間と力を合わせて音楽を作り上げる楽しさや、達成する喜びを体験出来、音楽力もレベルアップshine様々な楽器にチャレンジでき、可能性が広がるshine音楽以外の力(社会性・協調性・責任感・思いやりの心etc)も育まれますshine

発表会やコンクール参加に向けて、ピアン・オルガン・ドラム・ハンドソニック・ルシーナ・エレキベースetc、普段個人レッスンを受けている生徒さんでグループを結成し練習していますshine

自分の演奏とともに、他のメンバーの演奏を聴く力や周囲との呼吸の合わせ方はもちろん、楽器演奏全般に必要な音楽力を身に付けられますshine

普段の鍵盤楽器の成果sign03他楽器は余裕ですぐに演奏できるため、いつもと違う楽器にチャレンジできるのも、また、年齢差の有るメンバー結成で、いろいろ会話も弾む事も生徒さんにとっては魅力の一つですshine

 

音大・音高 受験対策レッスン(音楽関連学部)

より専門的な知識と技術を身に付け、メディア学科対策(現在:スマホの着メロ作成等の関連学部)~教育大・芸大・音大・音高を目指しますshineピアノでの受験・電子オルガンでの受験それぞれの国立・私立 大学・高校に合わせた実技やソルフェージュ等の試験対策に集中的に取り組むレッスンですshine

 

 

喜びの結果へ・・・

土台づくりにリトミックを導入=無理なく自然に身に付きますsign03

脳に刺激を与え、無理なく自然に理解へ繋がる指導法を大切にしていますshine

 

 

成長した先輩たちは

ピアノ・オルガン・アンサンブルのコンクールを両立sign03

高校生から講師資格取得にも挑戦し、大学は音楽関連学部へも進学shine

就職活動時、履歴書の資格欄はピアノ・オルガン・リトミック資格で埋め尽くし、各企業トップの方から感心するお言葉を頂いた採用決定者もおりますshine

コツコツ築き上げた根拠は、将来 あらゆる場で評価に繋がり、活躍してくれておりますshine

 

 

 

伝統に根ざした最先端の音楽レッスン。上達する喜び、音楽の楽しさを基礎からまなびます。

幼児科(アトリエランド)

はじめて音楽を学ぶお子様のために。

幼 児期の音楽教育で大切なのは、お子様の豊かな感受性を育むこと。幼児科(アトリエランド)では、リトミックを導入し、はじめからレッスンにオルガンとピア ノを取り入れ、自然にその感受性を引き出します。年齢や発達に合わせて 聴く・弾く・うたう・リズム・アンサンブルなど、基本となる能力をバランスよく育て、楽器の演奏表現を学ぶためのしっかりとした基礎を作ります。

ピアノ科

奏でる喜びこそ、上達への近道。

ピ アノに触れる楽しさ、上達するうれしさ。自分の手で奏でる喜びを味わうことで、音楽を楽しむ心を育みます。また、伝統的な音楽教育の法をベースに、演奏技 術やソルフェージュ、楽典など、音楽の総合的な力も伸ばして行きます。さらに電子楽器を活用した効果的な指導法も導入。
マンツーマンのきめ細やかな指導でひとりひとりに合わせてサポートします。

オルガン科

多彩な音色を全身で操る醍醐味を満喫。

全 身を使ったダイナミックな演奏。多彩な音色を重ね合わせる楽しさ。ローランド・オルガンミュージック・アトリエが持つ多彩な音色を全身で感じながら、オル ガン奏法を基礎から学び、アンサンブルの楽しさ、メロディー、ハーモニー、ベース、リズムなど総合的な音楽知識が自然に身についていきます。

 

ませホーム教室♪での取り組み

1回:30分(中学生~1時間)

年間:42回の1コースの価格で、下記のように各生徒に合わせたスタイルで、幼児科・オルガン科・ピアノ科共、講師資格を取得していただけるように、お一人につきオルガンとピアノの両方指導致します。ご自宅に楽器がなくてもレッスンは可能ですshine
全員、オルガンとピアノのコンクールに出場し数々の受賞の喜びを体験してくれています。全国大会へ出場した生徒もおりますshine
高校生から講師資格取得に挑戦しながら、クラブ活動・中間、期末試験・受験と両立してくれています。大学を音楽科・音楽教育科・幼児科・ポピュラーコース・オルガンコースに進む生徒もおり、また、他学部を卒業し社会人になっても仕事と両立させ、コンクール出場・講師資格取得に励まれ、楽しんでおられますshine

2歳児~就園前の生徒

眠い時間を避けて、午前中や早い時間に来ていますchick

園児

幼稚園で心残りなく遊び、帰りにそのまま来ています。年中児からコンクールにも挑戦してくれていますcd

生徒全員

もちろん決まった曜日や時間に来てもOKsign01
家で練習が難しいなら、週何回来てもOKsign01

小学生

発表会/オルガン・ピアノコンクール/イベントコンサート/アンサンブルなどに挑戦出来、ステージ演奏にも慣れ、受賞の数だけ弾く楽しさと上達が手に取るようにわかりますshine

中高生

クラブ活動の後や塾のない日に練習を兼ねてレッスンに通ったり、試験前は試験勉強に打ち込むためにレッスンを入れず、可能な限り足を運び引き続き高度な部門でも受賞してくれていますmusic

大学生

大学の空き時間・休講のタイミングで・授業前又は終了後・バイトの前後などにメール予約してこまめに足を運び、講師資格・コンクールなど、両立させています。
就活の資格欄に記入するためにも、幼児科・オルガン科・ピアノ科・リトミックの講師資格を取得するため、レッスン前に1時間程自主練習後レッスンに入るなど、真剣に取り組んでいますphoneto

保育士資格取得に向けて、卒論の為に、等 、リトミックの資格と併用して学んでくれてる生徒もおりますshine

 

社会人

仕事と両立させ、コンクール出場・講師資格取得に励まれ、仕事の帰りが遅くなる場合はメールで時間変更し、可能な限り頑張っておられますcar

 

 

大人のための1曲マスターコース

イベント迄に・・・愛する方へのサプライズに・・・heart04 完奏するまで、納得いくまで、可能な日時でお越し下さいshine

 

 

 

ローランド・オルガン・ミュージックフェスティバル

全国の生徒さん・講習生・講師が目指す頂点ともいうべきオルガンの祭典。未就学児から大人まで幅広い層の方々が参加し、さまざまなジャンルの曲を、多彩な音色とリズムで演奏。個性豊かなサウンドが披露されるコンクールですshine

ローランド・ピアノ・ミュージックフェスティバル

ポ ピュラー中心の多彩な課題曲から、お好きな曲を選んでご参加いただけるコンクールです。一般からの出場も募り、ピアンソロでもミュージックデーターとのア ンサンブルでもエントリーが可能です。決勝大会ではストリングスやリズムセッションをバックに華麗なステージを体験していただけますshine

 

♪ませホーム教室♪

2歳になったらリトミック…chick  遊びを取り入れながら無理なく土台づくりをshine

shineピアノ・オルガンコンクール~講師資格取得へと一緒に可能性を育てましょうsign03

 

http://yumepod.xsrv.jp/wp-content/uploads/2017/04/5-1-2_tibikkonaitibanboshi_20170410.mp3

 

 

詳しくは【ロイヤルブライダル】本部 まで

奈良市 古市町 31-26

講師  間瀬幸恵

 

電話でのお問い合わせ:080-6155-0651 
 
メールでのお問い合わせ:お問い合せはこちら

※音楽教室のご質問等は、一番下の欄にご記入ください!

 

 

 

奈良市♫音楽教室【 ませホーム教室】ローランド音楽教室の子どもを伸ばす音楽と脳のお話②。情操教育の一環、脳の発達を刺激する。音楽が脳に良い影響を与える。 リトミック~コンクール出場者の育成・大学生関連学部サポート・講師養成指導・・・ 

 

 

 

 

 

第2回 「良い耳」を育むために大切なこと

2014171372.JPG

 

音楽を指導する上で大切なのは技術の向上だけでなく音楽を聴き、感じる“良い耳”を育てることshine

 

音のイメージを頭に描く

脳は、「訓練した音に対する反応が良くなる」という性質を持っている。

1つの楽器の音色ばかり聴いていると、他の楽器が奏でる音色の素晴らしさを

理解できていなかったり、さまざまな楽器の音色をその楽器がなくても頭の中ですぐに鳴らすことが苦手だったりといったことが考えられます。例えばピアノを弾く上で「このフレーズはバイウォリンの音色、このおんしょくはフルートの音色」といったようにイメージは大切で、作曲家自身がそのような意図を持って曲を書いていることは多々ありますheart04

 

良い耳を育てるには脳全体が関わっている

earピッチのわずかな違いを感じ取る能力

音の高さ(ピッチ)は、耳の上あたりにある脳の聴覚野という部位で処理されます。弦楽器・管楽器、声楽において正確な演奏をする為に不可欠な能力です。

earハーモ二ーを処理する能力

“音楽の文法”であるハーモニーは、脳の側頭葉の中にある言語を処理する部位で処理されますが、音楽訓練を積むにつれて和声を正しく認識することができます。

earリズムのわずかな違いを感じ取る能力れことなる

これには、体を動かすための小脳や運動前野といった複数の脳の部位が関わってきます。

ear耳から動きを思い浮かべる能力

耳コピーが出来る音楽家は和音を聴くと、その和音を弾くための手の形が自動的に思い浮かびます。

ear音から感情を読み取る能力

その音に潜む感情を読み取る能力は、音楽訓練を積むことで向上します。これにより、音楽に込められている様々な感情の機微を読み取ることができるようになります(耳コピー)

これらの機能は、それぞれ異なる脳の部位が役割を担っており、ひと口に「良い耳」といっても、それには脳全体が関わっていることがわかります。

良い耳を育てるこれらの能力をつけるには“できるだけ幼少期から音に親しむこと”が重要です。

幼い頃から様々な音楽の音色に触れることで、より豊かな音楽を生み出すための良い耳が育まれます。

これは音楽を奏でるうえだけでなく、音楽を鑑賞する楽しみも広げてくれるのですheart04

 

 

お子様に合った方法で一緒に可能性を見つけましょうnotes

 

コンビネーションレッスン

【ませ教室】では、全員ピアノとオルガンに触れ,幼い時期から様々な音色に触れることで良い耳を育みますshine

電子楽器に内蔵の多彩な音色を使って音への感覚を養いますshine 

 

 

年間42回,1回30分のお月謝価格で、

 

週、何回来てもOKsign03

1回30分以上でも大丈夫shine

曜日・時間を決めてもOKsign03

行ける時にメール予約してでも大丈夫heart04

 

 

[大人のための1曲マスターコース]イベントまでに・・・愛する方へのサプライズに・・・

[講師資格取得][受験を視野に入れて][コンクール出場]等、希望に合わせた指導法ですshine

 

http://yumepod.xsrv.jp/wp-content/uploads/2017/04/5-1-2_tibikkonaitibanboshi_20170410.mp3

 

必見sign01 

ねらい・指導法etc 詳しくは

【ませホーム教室】のホームページ 【ローランドミュージックスクール】をご覧下さいnote

 

 

詳しくは【ロイヤルブライダル】本部 まで
電話でのお問い合わせ:080-6155-0651  

メールでのお問い合わせ:お問い合せはこちら
※音楽教室のご質問等は、一番下の欄にご記入ください!

 

 

奈良市♫音楽教室【ませホーム教室】ローランド音楽教室の子どもを伸ばす音楽と脳のお話①。情操教育の一環、脳の発達を刺激する。音楽が脳に良い影響を与える。 リトミック~コンクール出場者の育成・大学生関連学部サポート・講師養成指導・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

shine生涯にわたって健やかに、音楽と良い関係を築くために・・・

情操教育の一環、教育を身につけさせるため等、親が子供を音楽教室に通わせる理由・動機は様々。昨今、期待が高まっているのが、「鍵盤楽器が脳の発達を刺激する」ということです。

 思い描いた通りの音楽を奏でるための手助け

音楽教育は、音楽表現の指導と体の使い方の指導の2つから成り立っています。

音楽表現は、知識(楽典等)に基づいた指導。

体の使い方の指導は、専門的に学べる機会が少なく、その多くが指導者自身の経験や感覚基づくもの。

 

生徒がより効率よく 効果的に演奏技術を獲得することを支援し、長時間練習で体の故障を訴えるような指導はせず、生涯に渡って健やかに、音楽と良い関係を続けることを可能にする指導を行っておりますheart04

 

早期教育によるタッチ・聴力・記憶力への影響

shine複数の指同士や両手を独立して動かしたり、強調させる能力。

shine楽譜上の音符を指の動きに脳の中で変換する能力。(=読譜力・初見力)

shine微細な音楽やリズムの変化を聞き分ける能力。

shine膨大な音符や動きを記憶する能力。(=暗譜)

shine複数の音を聞き分ける能力(=ポリフォニー)

shine細やかな力の調節を行う能力(=タッチ)

shine無駄なエネルギーを使わず、効率よく身体を動かす能力(=故障の予防)

 

これらの能力を無理なく養う為にも鍵盤楽器は早期教育(リトミック)からが大事ですsign01

 

科学的に見てみるとnotes

7歳までの訓練が特に重要=両手を強調して動かす機能の発達(手先の器用さや指先を使った細かな作業をする能力)は、この時期までに指同士を独立して素早く動かす能力を育むことや、両手で弾く訓練をすることが推奨されます。

なぜなら、これらの神経系に関連した能力を大人になってからでは身に付きにくい為です。ただし、この発達は7歳で止まるわけではなく、青年期(10代~20代前半)まで続きます。

例えば運動のタイミングや力の制御、あるいは 運動の学習に関連する小脳の大きさは、青年期後期まで増大します。また、10~13歳位までの間には 反応時間が速くなったり、両手を独立させて動かす能力が高まることが知られており、これらの機能向上を目指した訓練が有効です。

聴覚も同様に、7歳が臨界期(発達の過程で学習したり、ある機能を獲得するために適切な期間)と言われていますが、「12歳迄聴覚系の神経細胞の発達は続く」という報告もありますので良い耳を育む訓練を幼少期だけでなく小学校高学年まで続けることにより、生涯に渡って良い耳を獲得できると言えます。また、よく聴いていた音色に対する脳の聴覚系の反応が良くなることが知られているので、演奏時に多彩な音色を生み出せるようになるためには、この時期に様々な楽器の音(電子オルガン1台であらゆる楽器の音が聴けます。)を聴くことが良いと言えるでしょう。

記憶能力に関しても9歳までに楽器訓練を始めると、その後の言語系の短期記憶(一時的に保持され、時間の経過により消えてしまう記憶のこと)能力の発達が促される事が知られています。また、音楽訓練の期間と言語系のワーキングメモリ(会話や読み書き・暗算など、人の日常生活を支える重要な能力)の間に比例関係がある報告もあります。

このように、早ければ早いほど良いというよりも、各能力の発達時期に合わせた適切な訓練をすることが大切なのです。(②に続く)

 

 

お子様に合った方法で一緒に可能性を見つけましょうnotes

 

コンビネーションレッスン

【ませ教室】では、全員ピアノとオルガンに触れ,幼い時期から様々な音色に触れることで良い耳を育みますshine

電子楽器に内蔵の多彩な音色を使って音への感覚を養いますshine 

 

 

年間42回,1回30分のお月謝価格で、

 

週、何回来てもOKsign03

1回30分以上でも大丈夫shine

曜日・時間を決めてもOKsign03

行ける時にメール予約してでも大丈夫heart04

 

[大人のための1曲マスターコース]イベントまでに・・・愛する方へのサプライズに・・・

[講師資格取得][受験を視野に入れて][コンクール出場]等、希望に合わせた指導法ですshine

 

http://yumepod.xsrv.jp/wp-content/uploads/2017/04/5-1-2_tibikkonaitibanboshi_20170410.mp3

 

必見sign01 

ねらい・指導法etc 詳しくは

【ませホーム教室】のホームページ 【ローランドミュージックスクール】をご覧下さいnote

 

 

詳しくは【ロイヤルブライダル】本部 まで
電話でのお問い合わせ:080-6155-0651  

メールでのお問い合わせ:お問い合せはこちら
※音楽教室のご質問等は、一番下の欄にご記入ください!

 

 

 

TOP